国際標準規格H.323に完全準拠

H.323専用端末である、Polycom、SONY、Tandberg、Aethra、NTT東・西日本(フレッツフォン)等を利用し、複数の端末を同時接続することができます。

※H.323 はITU(国際電気通信連合)が勧告した、映像や音声などのマルチメディアデータをネットワーク上でリアルタイム通信を行うプロトコルの規格名称です。

テレビ会議システム・ビデオ会議「Visual Nexus」のMCU

世界最高基準の映像・音声、高度なデータ共有機能

フランステレコムの研究機関で開発された「eConfテクノロジー」を採用し、他社製品を圧倒する美しい映像と、自然でクリアな音声を実現。エコー/ノイズキャンセラ機能も搭載しているため、高画質カメラ+外部マイク+スピーカによる会議室での運用にも対応できます。また、多彩なデータ共有機能を利用し、プレゼンテーション資料を参加者で共有したり、より密度の高いビデオ会議を実施することができます。

管理者からの端末一斉呼び出し(MCU発呼)

PollycomやSONYのH.323端末の場合には電源を立ち上げておく、Visual Nexus Endpointの場合にはログインしておく、これだけやっておけば管理者が端末を一斉に呼び出して会議室に入室させることができます。利用者の操作スキルが低い場合でも簡単にメンバーを召集し、オンラインミーティングを開催することができます。

Firewall/NATを超えたセキュアな通信

グループ会社や取引先とテレビ会議を行う場合、ファイアウォール内側に設置した会議サーバ(MCU)にアクセスする必要があります。しかし、セキュリティ上の問題からファイアウォールを越えて自由にアクセスさせる訳にはいきません。このような制約からテレビ会議システムの運用範囲を社内だけに制限されるケースが少なくありません。

Visual Nexus Secure Transportの導入により、DMZやファイアウォール外に設置された会議サーバや相手に接続することが可能となり、「いつでも・何処でも・誰にでも」安全に接続できるユビキタス会議の環境を作り上げることができます。また、DHCPやプライベートIPを端末に割り振っているネットワーク環境であってもテレビ会議への参加を可能にします。

テレビ会議システム・ビデオ会議「Visual Nexus」 FirewallNATを越えたセキュアな通信

小規模な打ち合わせから大規模なミーティングまで対応

Visual Nexus Meeting Serverをカスケード構成に接続することで、最大2,500台のテレビ会議端末を同時接続させるとこができ多数の営業拠点や店舗を国内外にもつユーザも十分にカバーできます。

詳細についてはお問合わせください。お問合わせ

 

メッシュネットワーク上での利用も可能

 

Azaleaの安定したメッシュネットワーク環境でもご利用頂けます。