国際基準企画H.323に完全準拠

H.323専用端末である、Polycom、SONY、Tandberg、Aethra、NTT東・西日本(フレッツフォン)等を利用し、複数の端末を同時接続することができます。

※H.323 はITU(国際電気通信連合)が勧告した、映像や音声などのマルチメディアデータをネットワーク上でリアルタイム通信を行うプロトコルの規格名称です。


管理者からの端末一斉呼び出し(MCU発呼)

PolycomやSONYのH.323端末の場合には電源を立ち上げておく、Visual Nexus Endpointの場合にはログインしておく、これだけやっておけば管理者が端末を一斉に呼び出して会議室に入室させることができます。利用者の操作スキルが低い場合でも簡単にメンバーを召集し、オンラインミーティングを開催することができます。

Firewall/NATを超えたセキュアな通信 (VCB2000 Series)

グループ会社や取引先とテレビ会議を行う場合、ファイアウォール内側に設置した会議サーバ(MCU)にアクセスする必要があります。しかし、セキュリティ上の問題からファイアウォールを越えて自由にアクセスさせる訳にはいきません。このような制約からテレビ会議システムの運用範囲を社内だけに制限されるケースが少なくありません。
VCB2000の導入により、この制約をなくし、「いつでも・何処でも・誰にでも」安全に接続できるユビキタス会議の環境を作り上げることができます。

PCソフトウェア端末(VisualNexusEndpoint)に対応

高品質・高性能・高機能で定評のあるVisual Nexus Endpointを製品ラインナップにそろえており、既存のPCを有効活用し多地点テレビ会議をよりリーズナブルに始められます。

詳細についてはお問合わせください。お問合わせ