レイヤー3を利用したルーティングの最適化

 従来のSTP(Spanning Tree Protocol)を利用した無線ネットワーク環境では、アクセスポイント同士でデータをやり取りするために 必ずゲートウェイを経由していたため、ゲートウェイにトラフィックが集中してしまう問題がありました。しかし、ARUBAのメッシュルー ターでは、STPの代わりにレイヤー3のAWRTM(Adaptive Wireless Routing protocol) ※ を使用することで、ゲートウェイを介さない最適な通信経路の確保を実現しています。そのため、レイヤー2ベースのネットワークと比べ、より広域ネットワーク環境を構築できる事が特徴です。実際に、ARUBA Meshネットワーク技術を利用する事で、北京市の無線ネットワーク環境を1台のサーバで制御しています。

 また、AWRは動的な分散型ルーティング機能を実装しているため、特定経路が切断されても自動で最適経路を再確保する事ができます。

  [ ※ AWR : 特許取得済 ] 



従来のメッシュ:ツリー構造 AWR:レイヤー3ルーティング
  •     ・全トラフィックはゲートウェイ経由
  •     ・最適経路、最適遅延考慮できない
  •     ・Single point of failure
  •     ・動的かつ分散型ルーティング
  •     ・ネットワークの全情報把握
  •     ・より高い性能実証済み


高精度なビデオ伝送

 以下の3つの機能を組み合わせたAVTTM(Active Video Transmission)機能により、高精度なビデオ転送を実現しています。(AVTは特許出願中)
   ・DPI(deep packet inspection)
   ・適切なジッター除去
   ・パケットロス回復


シームレスな高速無線ローミング

 ARUBA Mesh製品はMotrixTM(MObile maTRIX)と呼ばれる技術によって、非常に優れたローミングを実現しています。Motrixは、ローミング時にIPアドレスを変える事無くアクセスポイントの切り替えを50ミリ秒以下に抑えることでシームレスに高速なローミングを実現しています。

 この技術により時速100kmでのローミングやVoIP通信向けのアプリケーションに利用する事ができます。また、車載ルータによるメッシュ間接続や、セキュリティ設定による公共通信と秘密通信の分離も可能です。


強固なセキュリティシステム

 ARUBA Mesh製品は高いセキュリティ機能を備えているため、安心してご利用頂けます。
   ・Macアドレスフィルタリング
   ・802.1x
   ・WEP/WPA/WPA2
   ・TKIP(最高126ビット)、PSK、AES、TLS、TTLSを含む高度な暗号化技術
   ・SSIDブロードキャストの無効化
   ・同一AP内にある端末のMAC識別


セキュリティシステム


ハイビジョン画質のテレビ会議にも利用

 ARUBA Mesh製品の安定した通信環境でハイビジョン画質のテレビ会議の接続にもご利用頂けます。