コンポーネント化技術

  • コンポーネント化技術とは?
  •   ■ ソフトウェアコンポーネント
  •     定義
         ソフトウェアで特定の機能を果たす部分(部品)
         他のプログラム(コンポーネント)と組み合わせて機能を実現する。
         ソフトウェアの機能をカプセル化し、定義したインターフェースのみで外部とアクセスする。
         バイナリ形式で、それ単体で実行可能なプログラムである。
         
  • コンポーネント単体 - イメージ図
    コンポーネントシステム - イメージ図
  •   ■ コンポーネント化のメリット
         - 生産性の向上
         - 再利用性の向上
         - パフォーマンスの向上
         - 不具合の低減
    市場の問題点と解決策

  • オブジェクト指向との違い
オブジェクト指向コンポーネント技術
再利用範囲 アプリケーション内 アプリケーション間
粒度
結合度
開発方法 トップダウン手法 ボトムアップ手法